LILOCLE

【残留農薬不検出・ノンカフェイン】ねじめびわ茶 たっぷりパック80

¥2,570
- ポイント

日本いただきマーク スマ配


お子様、妊婦さんも飲める安心安全な家族の常用茶

日本の南国、鹿児島県根占の大地でのびのび育ったびわの葉を100%使ったびわ茶です。
「毎日飲みたくなる安心なお茶をつくりたい!」その想いから誕生した『ねじめびわ茶』
無農薬栽培にこだわり安心を追求したおいしさです。
芳ばしく、まろやか、どこか懐かしい味のするびわ茶は、何故だろう、気づけば2杯3杯…何杯もおかわりしちゃうんです。


はじめまして、ねじめびわ茶です。

みなさん、そもそも「びわ茶」ってご存じですか?
「びわ茶」は江戸時代から親しまれていた庶民のお茶です。もともとは中国南西部から伝わったもので、中国の古い仏教経典には「無憂扇」(どんな憂いも癒すといわれた扇形の葉)として民間に広まったとあります。

聞きなれない名前に、リロクルスタッフも始めは「びわのお茶ってどんな味がするんだろう?」と思いました。
けれど一口飲むとびっくり、とっても芳ばしくスッキリとしたお味。しつこい後味もなく、不思議と何杯でもゴクゴク飲めちゃうんです。
あまり水分を摂らない生活だったのですが、『ねじめびわ茶』のおかげで毎日2.5Lしっかり水分摂取できるようになるました! 


ノンカフェインだから、みんなでゴクゴク飲めちゃう

 小さなお子様からご高齢の方まもちろん、オーガニック・無香料・無着色の食品が気になりだした妊婦さんまで、家族みんなが安心して飲めるノンカフェイン飲料です。

夜、寝る前に飲んでも睡眠を妨げる心配がなく、ゆっくりお休みできます。時間を気にせずいつでも飲めるところが嬉しいですね。

ホットでいただくのはもちろん、冷めてもおいしくいただけます。特に暑い夏は水分補給がとっても大事!ご家庭の冷蔵庫で冷やしてたっぷり飲んでほしいです。


我慢はしない。お肉料理に『ねじめびわ茶』をプラス

慌ただしく過ぎていく毎日。
ついついこってりしたものや甘いものに頼ってしまい、少し体型が気になってきた…なんてことも。手軽にからだに良いことを始めたい。

そんな時、『ねじめびわ茶』を食卓にプラスしてみてください。ポリフェノールを豊富に含んだ『ねじめびわ茶』は、疲労回復や糖と脂のケアにおすすめなんです。


ポリフェノール量はなんと3.5倍!(原料生葉比較) 濃い味の後に『ねじめびわ茶』を飲むと、舌がすっきり、後味さっぱり。こってりしたお肉料理を最後まですっきり食べられるのって、嬉しいですね。


体の内側から、キレイになりましょう

脂分のある料理や甘い料理にこそ、ぜひ『ねじめびわ茶』をおすすめします!

鹿児島大学との共同研究結果によると、『ねじめびわ茶』に含まれるポリフェノールは、体内に入った余分な脂や糖を吸収しにくくすることが報告されています。
お料理に『ねじめびわ茶』を使っていただくことで、もっとヘルシーな食事に。

お鍋にお肉を入れて試した結果、アクが出にくくなりました。お肉の脂みを分解したかのようにアクが消えるので、お料理をさっぱりした仕上がりにしてくれます。

体の内側から、キレイをサポートしてくれるって嬉しいですね。


十津川農場は、平成16年より国立大学法人鹿児島大学と『ねじめびわ茶』の生理機能に関する共同研究を始めました。『ねじめびわ茶』が持つ更なる魅力を引き出す研究報告が数多くされています。※国立大学法人鹿児島大学とは、共有特許( 第4974116号)を取得しています。


ズボラさんでも大丈夫、ティーバッグ生活はじめましょう

自分でお茶を作るってめんどくさそう…。リロクルスタッフも始めはそう思っていました。
でも、『ねじめびわ茶』はとっても簡単。だって、必要なのはお湯とマグボトル。
お出かけ前に、マグボトルにティーバッグをポンッと入れて、沸かしたお湯を注ぐだけ。蓋を閉めていってきまーす。たったこれだけでいいんです。

リロクルスタッフも毎日『ねじめびわ茶』をマグボトルに入れて持って行ってます。
外でペットボトルのお茶を買うのをやめて、マイボトルで自分で淹れたお茶を飲む。
それだけで心が豊かになった気がして、今では日課です。


『ねじめびわ茶』の美味しい淹れ方

【煮出して飲む場合】・・・ 1Lの水にティーバッグを1包入れ、沸騰させます。 その後、とろ火で約5~15分ほど煮出します。 ※冷めるまでティーバッグを入れたままにすると、より濃く抽出できます。

【マグボトルで煮出す場合】 ・・・マグボトルにティーバッグを1包入れて、500mLの湯を注ぎます。 5分以上置いてからお飲みください。


糖が気になる方へおススメ ねじめびわ茶のアレンジレシピ

◎ねじめびわ茶ごはん 

材料(4人分)
白米:3合 ねじめびわ茶:抽出したもの(540~600mL) 煎りゴマやゆかり:お好みで

作り方
ご飯を3合炊く際に、水の代わりに抽出した『ねじめびわ茶』を使います。『ねじめびわ茶』を使うことで、ご飯に芳ばしい風味が増し食欲をそそります。

五穀米を混ぜるとヘリシー度がアップします!女性に嬉しいご飯です。


捨てるなんてもったいない、使い終わったティーバッグも使えます!

飲み終わった後の出がらし、ほとんどの人が捨てちゃいますよね。
でも、使い終わったティーバッグだって上手に活用できるんです。
例えば、家庭菜園の肥料に。乾燥させたティーバッグの中身を土に蒔けば、植物たちのごはんになるんです。

お肌のパッティングにもティーバッグを使って、お茶で美肌ケアはいかがでしょう。『ねじめびわ茶』を煮出した後のティーバッグを、濡れた状態でコットンに染み込ませ、お肌にパッティング。美容や健康に関心の高い方にも好評です。ぜひ一度試してみてください! ※煮出してすぐのティーバッグをご使用ください。煮出して時間が経ったものは使用しないようお願いします。


十津川農場について

十津川農場は本土最南端・鹿児島県南大隅町の根占(ねじめ)にあります。
その地にて創業より20余年『ねじめびわ茶』一筋に、びわ葉の管理から茶葉の製造まで一貫して行っています。すべては皆様が安心して飲める常用茶を目指して。
創業から変わらず、美味しくて安心安全なお茶を届ける製法に力を入れ、独自製法の特許(第6480635号)を取得しました。


『ねじめびわ茶』を愛用する方の声

【ミルク卒業後の赤ちゃんも飲んでいた!家族親戚みんなで愛用しているMさん】
Q.1『ねじめびわ茶』を愛用し始めたきっかけを教えてください A.根占(ねじめ)に移住してから飲み始めました。ノンカフェインで幼い子どもや妊婦さんも安心して飲めると知ってから、子どもが赤ちゃんの頃から飲ませています。

Q2.『ねじめびわ茶』を飲み始めて「ここが良かった!」ポイントはありますか? A.以前は荒れによるムズムズ感に悩んでいたのですが、ねじめびわ茶を飲んでからずいぶん良くなりました。肌が弱い子どもには飲ませるだけでなく、使い終わったティーバッグを使ってパッティングしたり、びわ茶を水の代わりにタオルに含ませ全身拭いていました。荒れに悩んでいましたが、少しずつ良くなったと感じます。

Q3.『ねじめびわ茶』を知らない方におススメするなら、どんな風にお勧めしたいですか? A.長く元気に過ごしたい方におススメしたいですね。私は子どもだけでなく親戚にも勧めました。すると、体調が優れなかったが、飲み始めてから以前よりハツラツとするようになったとか。おススメして本当に良かったです。幅広い悩みを改善してくれるので、これからも愛用していきたいです。

 

原材料 ■びわの葉
内容量 ■160g(2gティーパック×80包入り)
賞味期限 ■製造日より2年半(開封後はお早めにお飲み下さい)
栄養成分表示 ■ティーパック1包(2gあたり)熱量:7.8kcal / タンパク質:0g / 脂質:0g / 炭水化物:1.5g / 食塩相当量:0g
抽出したお茶100gあたり(茶葉2gを1Lの熱湯で抽出時)熱量:0kcal / タンパク質:0g / 脂質:0g / 炭水化物:0g / 食塩相当量:0g
アレルギー ■アレルゲン27品目は含まれておりません。
保存方法 ■‎直射日光を避けて常温で保存してください。
製造元 ■農業生産法人 十津川農場
原産地 ■鹿児島県
ご注意 ■・内袋に付着している黒い粉は、びわ茶の粉です。品質に問題はございませんので安心してお召し上がり下さい。
お召し上がり方 ■・急須でお飲みになる場合はティーパックを入れた急須に沸騰したお湯を注ぎ、約3分ほどでお飲み頂けます。(ティーパック1杯で500mL目安)

お客様のレビュー

まだレビューがありません レビューを書く

You may also like