ギルトフリーとは?罪悪感なく楽しめるおすすめスイーツ・食材を紹介!


 

ギルトフリーとは?

ギルトフリーとは「罪悪感を感じない」という意味。 特に食べ物や行動に関連して使用される言葉で、罪悪感や後ろめたさを感じないことを指します。健康面やダイエット・美容意識の高い方々からの注目が高まっているキーワードです。 健康的で栄養価が高く、低カロリーや低脂肪であるなど、食べても罪悪感を感じることなく食べることができる食品や食生活のことを指します。 「ギルトフリー」はダイエットや健康を気にしながらも美味しいものを楽しみたい方には魅力ある商品と言えるでしょう。是非日々の食事に取り入れてみてください。

ギルトフリーの意味と特徴

高カロリーな食事や糖質の高い食事を行うと、後ろめたさや罪悪感を感じる方が多いはず。そもそも罪悪感といっても人によって感じるものも様々。多くの方は「高カロリーや高糖質なものは太りそう。」と感じることがあるでしょう。また「添加物は体に悪そう」、「甘いものを摂取しすぎると肌に悪そう」など。ギルトフリーの食品にはこれらの体に悪影響を及ぼしそうな要素は最小限に抑え(もしくは入っていない)、美味しくしっかりと満足感を得られるといった点が重要なメリットです。

ギルトフリーライフスタイルへの転換

ギルトフリーなライフスタイルを始めるにあたり、ポイントを絞ってご紹介していきます。

①血糖値の上昇を穏やかにする(低GI値)

カロリーの高い食事や炭水化物を多く摂取する食事は急激に血糖値を上昇させ、多くのインスリンが分泌されます。糖を脂肪へと蓄える作用が働き、太りやすくなったり糖尿病など体の不調に繋がるリスクも加速させるのです。血糖値の上昇が穏やかな低GI値の食品を選ぶようにしましょう。

低 GI値の食品には食物繊維が多い・高タンパク・精製されていない炭水化物・脂質が低いといった共通点があリます。精製された炭水化物とは白米やパン、パスタやうどんを指します。何気なく摂取している炭水化物も糖質過剰になっていることが少なくありません。完全に抜くのではなく低GI値の食品に置き換えることが大切です。

②食事の時間を意識する

寝る直前の遅い時間に摂取する食事にはデメリットが複数あります。遅い時間の食事からとったエネルギーは活動量が少ないため消費されずらく、余分なエネルギーは脂肪へと蓄積されやすくなります。また、睡眠の質を下げてしまうといったデメリットも。 就寝時間の3時間前までに済ませることを心がけましょう。 遅い時間になる際は糖質・脂質の少ないものや消化にいいものを選び、よく噛むことを意識するといいでしょう。

ギルトフリーな食生活

ギルトフリー食生活
ギルトフリーは食生活に少しの工夫から取り入れてみるといいでしょう。
✔︎低糖質であること
✔︎グルテンフリー(小麦粉不使用)
✔︎砂糖の摂取を抑え、自然由来の原料を使用し甘みを作り出す
✔︎添加物の少ない食品を選ぶ

ギルトフリーダイエットの考え方と秘策

ダイエットを行うにあたって何かを完全にやめたり制限するのではなく、上記でお伝えしたポイントを抑えたギルトフリーな食品に置き換えることが大切です。 昨今よく耳にするグルテンフリー。元々はグルテンにアレルギーを持つ人の食事療法の一つでしたが、ダイエット効果も期待されるようになりました。 グルテンは消化不良を起こしたり、腸の内壁にこびりつき炎症を起こしたり、栄養の吸収を低下、体を冷やすことで代謝を下げる原因にもなるといわれています。また、パンやうどんは柔らかいため咀嚼回数が少ない為、早食いに繋がる原因にもなります。他にもラーメンやケーキ等グルテンには中毒性もあるので注意が必要です。
ただし、過度な節制や我慢はかえってストレスになったりリバウンドに繋がったり健康面でリスクに繋がる原因にもなります。何より大切なのは食事を楽しんで継続可能なバランスのとれた食生活を送ることです。体をより良くするためのきっかけにギルトフリーを取り入れて、一人一人にあった食事スタイルを見つけることが重要なポイントと言えるでしょう。

ギルトフリーレシピと食生活への移行方法

自分でギルトフリーな料理を作れば、添加物を使用することなく食品も厳選できるので 自炊する際はヘルシーで美味しいレシピを心がけてみましょう。例えばバターの代わりにオリーブオイルを使用することでカロリーを抑えるだけでなく植物性の油脂は口当たりが良くなり、無味無臭のためお菓子作りにも向いています。 また揚げ物や炒め物でなく、蒸し料理や焼き料理にすると余分な油の摂取を抑えることができて食材の栄養を流出させることなく逆にアミノ酸やビタミンなどの栄養素が増える場合もあるのです。

ギルトフリーなお菓子とスイーツの選び方

気分転換や疲れた時に食べたくなるお菓子やスイーツ、食べると満足感と同時に罪悪感を感じる方も多いはず。ダイエットをしていてもどうしても食べたくなる時がありますよね。ギルトフリーなお菓子やスイーツを選択するときはグルテンや白砂糖など体の負担になる原料を抑えた商品を選ぶようにしましょう。また、ビタミンや食物繊維豊富なドライフルーツやナッツを選ぶのもいいでしょう。人工甘味料ではなく、素材本来の味わいを感じることで体に良いだけではなくしっかりと満足感を感じることができるでしょう。

ギルトフリーと美容の関係性

ギルトフリーと美容
インナービューティーという言葉をご存じですか?体の内側つまり内臓やメンタル面の調子を整えて、体の中も外も美しくなることを目指す美容法です。
その美容法にぴったりなのが「ギルトフリー」な食べ物なんです。前述の通り、ギルトフリーな食べ物は低カロリー・低脂質のものや、乳製品・グルテンフリーなもの、そして栄養素を補給できる商品があり、私たちの体の内側から整えてくれます。 また、「食べたら太る」から「食べてもいい」「食べた方が体にいい」とポジティブな発想に切り替えてくれます。 市販品でもご自身で調理されたもの、どちらでも問題ありません。ギルトフリーな食べ物を普段から積極的に取り入れ、より美しい体を目指しましょう。


ギルトフリーな食べ物は通販でお取り寄せが充実!

ギルトフリーな食べ物は市販でも購入できますが、日本全国、そして世界には工夫を凝らした美味しい食品がたくさんあります。ぜひこの機会にチェックしてくださいね。

【商品紹介】スイーツ・おやつ

まずは、「ダイエット中の方は特に知りたい!」人気のギルトフリースイーツ・おやつをご紹介。

無添加&白砂糖不使用にこだわったドライフルーツ

無添加ドライフルーツ
国内外の厳選したフルーツを、添加物・砂糖不使用にこだわり仕上げる富山県のドライフルーツ専門店「工房ふじや」。独自の段階乾燥技術を用い、果物毎に乾燥を管理。一口食べると口いっぱいに広がる「自然な甘さと豊かで優しい風味」をお楽しみいただけます。


白砂糖・小麦粉・添加物フリーのグラノーラ

グルテンフリーグラノーラ
白砂糖・小麦粉・添加物フリーに加え、有機オートミールやオーガニックココナッツなど体に優しい素材で作られたグラノーラ。フレーバーも「メープル・抹茶・ココナッツ」から選べ、毎朝の朝食や小腹が減った時のおやつにもおすすめです。


【グルテンフリー&ヴィーガン対応】テリーヌショコラ

ヴィーガンテリーヌショコラ
テリーヌショコラはグルテンフリーのものも多く見かけますが、こちらは「卵・乳製品」までもが不使用。使用している素材は、厳選したカカオ70%のオーガニックチョコレートを筆頭に体に優しいものばかり。低脂質・低カロリーとは感じさせない濃厚な味わいをぜひお楽しみください。


【グルテンフリー】国産フルーツをアップサイクルしたチーズケーキ6個セット

リヴァイブチーズケーキ
季節のフルーツと農薬・化学肥料不使用の米粉を使用したグルテンフリーチーズケーキ。保存料や着色料なども不使用で、まだ食べられるのに廃棄される規格外のフルーツを主役にすることで体だけでなく、地球にもやさしいスイーツです。

重すぎず、甘いものが苦手な方やお子様も楽しめる一品です。


カカオ豆100% 甘さ控えめの贅沢グラノーラ

ニブグラノーラ シュガーレス
健康食品としても注目されているカカオニブ(焙煎したカカオ豆)だけで作った栄養が詰まったグラノーラ。甘さ控えめでそのまま食べてもよし、普段のヨーグルトやシリアルと合わせてもおすすめ。しっかりとチョコレートと豆の風味が味わうことができ、食感も楽しいグラノーラです。


ヴィーガン&グルテンフリー チョコレート ビター&ホワイト

ヴィーガンチョコ
白砂糖の代わりに、血糖値の上昇を緩やかにするメープルシュガーを使用したヴィーガンチョコレート。小麦・乳製品・添加物も不使用で、純粋なカカオをしっかり味わうことができます。

気になるフレーバーはビターとホワイトの2種類。10gあたり糖質2.2gと食べても罪悪感のなく、甘いものを制限している方にもおすすめです。


【商品紹介】食材

普段の食生活にも気を配りたい!という方におすすめしたい、ギルトフリー食材をご紹介します。

【100%完全完熟】蜂の巣入り百花蜜

コムハニー
低GIの甘味の代表といえば「蜂蜜」です。こちらは、様々なお花の蜜を集めた百花蜜。さらに、天然のサプリメントと言われる蜂の巣入り。食べるだけで、抗酸化作用・アンチエイジングなど美容と健康への効果が期待できます。


ヴィーガンドレッシング・マヨネーズ

ヴィーガンマヨネーズ
通常のマヨネーズやクリーム系のドレッシングには卵が使用されているのが一般的。こちらは卵の代わりに「特濃豆乳」を使用。そのため、高タンパク質かつ低脂質な仕上がりになっています。フレーバーは全5種類。ぜひご覧ください。


ヴィーガンハンバーグ&ソーセージ4点セット

ヴィーガンハンバーグソーセージセット
食物繊維が豊富な蒟蒻と畑のお肉と呼ばれタンパク質を多く含む大豆、えんどう豆などを主原料とした100%植物性のハンバーグ&ソーセージセットが登場。繋ぎとして使用される小麦粉も不使用のためグルテンフリーにも対応しています。

全ての商品がサッと温め直すだけでギフトBOX付きなのでお世話になった方へのプレゼントとしてもおすすめです。


オーガニック京野菜のケークサレ

オーガニックケークサレ
こちらのケークサレの特徴は、なんと総重量の3分の2が旬のオーガニック野菜であること。旬の野菜は栄養価も高く、その時期に体が欲する効能を持っているので積極的に食べることをおすすめします。朝食・おやつ・お酒のおつまみとしてお召し上がりください。


【商品紹介】飲み物

最後に、グルテンフリースイーツや食事と合わせて手軽に飲めるおすすめのドリンクをご紹介します。

ねじめびわ茶

ねじめびわ茶
鹿児島県産のびわの葉で作られたねじめびわ茶。通常のお茶と比べポリフェノールを豊富に含んでいるので、体の巡りを良くし、体の中のいらないものを外に流してくれます。ノンカフェインなので、どなたでも安心してお飲みいただけます。


【有機ハーブティー】LOVETEA・デトックス

LOVETEA
世界各地から厳選した素材をブレンドしたカフェインフリーのオーガニックティー。手足の冷えやむくみや、疲れが取れないと感じる時におすすめなフレーバーのデトックスは身も心も軽やかに導きます。ノンカフェインだけでなく、香料や人工的な添加物も一切不使用で体にやさしいティーです。


ギルトフリー商品を選ぶときのポイントと注意点

ギルトフリー商品を選ぶ際には、商品の製造過程や成分をしっかり確認することが重要です。例えば、「オーガニック」と表記されている食品でも、一部には農薬使用が少し許容されている場合があるため認証マークを確認するようにしましょう。日本では有機JAS認証を受けていないと「オーガニック」や「有機」を表示できません。

また、ギルトフリー商品は多様であり、すべての人にとって完璧な商品は存在しないため、自分の価値観と一致するものを選ぶ必要があります。低糖質なもの、甘味料や乳製品不使用なもの、添加物や化学物質を使用していないもの。ギルトフリー食品の選択によって、日々の食生活が豊かになり、持続可能な健康管理が実現します。健康を気遣いながらも美味しさを大切にしたいという現代のライフスタイルにぴったりで心も体も満足する食事を楽しむことができるでしょう。


日常生活でギルトフリーを取り入れる方法

普段の日常生活の中でも簡単にギルトフリーを取り入れる方法をいくつかご紹介いたします。ぜひ実践してみてくださいね。

生活の中で実践できるギルトフリーな行動

例えば、スーパーマーケットに食材を買いに行く際、低GIのものを選んでみるのはいかがでしょうか。低GIのものは血糖値の上昇を緩やかにするので、ダイエットにも効果的です。白砂糖ではなくきび砂糖や蜂蜜を、白米ではなく玄米、うどんではなく10割そばなど体に優しい低GIのものを選んでみるのもいいでしょう。

ギルトフリーを継続するためのポイントとモチベーション

ギルトフリーを継続させるためには、あまり縛られないことが一番ではないでしょうか。食べ物は基本的に糖質・脂質・タンパク質でできています。どれも私たちにとって必要な栄養素で、バランスが重要です。どうしても「甘いものが食べたい」「コッテリしたものが食べたい」という時は、たまには食べ、その食事の前後でギルトフリーな食べ物を取り入れ調整してみてください。

今後もギルトフリー商品やサービスの選択肢は増えていくでしょう継続的に情報収集をしながら自分好みのものを見つけておくのもいいかもしれませんね。